「健康」になれる家事代行サービス【ヘルシスル】
面倒なお掃除や洗濯は家事代行サービス『ヘルシスル』にご相談ください!
家事を任せて空いた時間を本当に価値のある時間に変えるためのサポートを行っています。

RSS

押すだけ簡単!大人女性の不調が改善するツボ集!

カテゴリ : 健康
皆さん、こんにちは。
健康になれる家事代行サービスのヘルシスルです。


歳を追うごとに身体のダルさ、
むくみなどが増してきたという方も多いと思います。


特に女性は年齢と共にホルモンバランスなどの乱れによって体調を
崩すこともよくあります。



本日はそんな女性の身体の不調を改善し良くする、押すだけ簡単!
体のツボのお話です(^^)


ツボを押すときのポイント


1. 気持ちいい程度の強さ。(やりすぎ注意!)



2.息を吸いながら押し、吐きながら脱力する。



3.目をつぶって、身体の反応や呼吸に意識をむける。



4.風呂上がり、入浴中など体が温まっているときに行う。



5.毎日続けることが大切。




ツボ① 関元 かんげん


このツボは、おへそから指4本分下にあるツボで生理痛、
冷えに効果的。


内臓が温まりやすくなるため、婦人科系にも効果あり。




ツボ② 合谷 ごうこく





このツボは手の甲の人差し指と親指が交差するくぼみの部分にある
ツボ。
(人差し指の骨の内側あたり。)



万能のツボと言われ、体の気の流れをよくすると言われています。


頭痛、冷え性、目の疲れ、緊張による疲れなど効果的。



簡単にいつでも押せるツボなので、
気がついたら押すといいでしょう。




ツボ③ 三陰交 さんいんこう


このツボは内くるぶしの上指4本分の場所にあります。


女性万能ツボと言われており、
子宮や卵巣などの婦人科系に効果的。


生理痛、生理不順、むくみなどに効果あり。





ツボ④ 太渓 たいけい


こちらも内くるぶし付近にあり、
内くるぶしの高さで少し後ろ側のアキレス腱との間にあります。


足の冷えやむくみ、お腹、腰の冷えを改善し、生理痛、
婦人科系疾患に効果的。


腎臓の機能を高めるツボでもあるので、
心身の疲れを癒やしてくれ、代謝機能を高めるため、老化対策にも効果あり。




ツボを押さえるセルフマッサージは自宅ででき、
お金もかからない健康法です!


是非試して下さい(^^)

冷え性改善は食事から。あなたを冷え性から救う食材とは?

カテゴリ : 健康








皆さん、こんにちは。


健康になれる家事代行サービスのヘルシスルです。

本日は冷え性を改善する食材や見極めのポイントをご紹介したいと
思います。


『冷え』は万病のもと。
という言葉があるぐらい冷えは身体の不具合や、体調の乱れと関係します。


もちろん、体質などもありますが、
それの多くは少しの気づかいで改善できるものも多くあります。


その1つが『食』です。


身体を温める食材。

身体を温める食材といっねも中々想像しづらいかと思いますが、
大まかな1つの目安を覚えておいて、意識的にそれらの食材を選び、食べるようにしましょう。


冷え性改善食材の見極めポイント

1. 生育する地域。

2.地上で育つか地中で育つか。

3.発酵かどうか

4.色、形、成分、味


以上のことを意識したなかでまず野菜をみていきましょう。


野菜は冷え性の改善よいかの見極めポイントは冬が旬で地面の下で
できる、黒、赤、オレンジ系の色の野菜が良いです。



ニンジン


ネギ


ゴボウ


タマネギ


れんこん


かぼちゃ


しょうが


ニラ


ニンニク


山芋

これらの野菜を意識して積極的に食べましょう(^^)

続いて果物です。

果物の冷え性改善食材の見極めポイントは、
寒い地域で取れる果物などが良いです。



りんご


ぶどう


さくらんぼ


オレンジ


イチジク


あんず




プルーン

このような果物を意識して食べていきましょう!

見極めポイントには例外はありますが、
食材を少し意識するだけで、冷え性改善につながった方は沢山いらっしゃいます。

ヘルシスルの事前カウンセリングで冷え性の悩みをお持ちの方には
このような食材を使っての料理代行、料理の作り置きサービスを行っております。


健康になれる理想的な一日の過ごし方。

カテゴリ : 健康




皆さん、こんにちは。
健康になれる家事代行サービスのヘルシスルです。




日々の疲れから、身体がおもだるくなり毎日が活力でないことはありませんか?



身体の不調を治すのには規則正しい生活をすることがベストだとわかってはいるけど、中々多忙な毎日で実践出来ない。



今日はそんな方にちょっとしたアドバイスを今日はお伝えします。



健康を保つためには、一日24時間のリズムを刻む体内時計にまずはリセットすることが大切です。



この時間帯にはこの行動が適しているといったように、身体には時間割があります。



例えば午前中の時間帯は交感神経が高まるため、集中に必要なホルモンが分泌されるので、脳は完全に覚醒し、集中力も高まります。



なので、午前中は冷静な判断が必要な仕事や決断をするのに適した時間と言えるでしょう。




最近の研究では、
体内時計を動かす時計遺伝子は色々な病気の要因と直接的に関係していることがわかっています。


時計遺伝子がきちんとしたリズムを刻んでいれば、
他の遺伝子との関係も良くなり身体の機能が正常に保たれ、健康を保てます。


しかし、
いくら規則正しい生活をしようとしても仕事や私生活の関係上、不規則にならざるを得ない場合もあり、昼夜逆転した生活をすることも少なくはありません。


そこで健康になれる理想的な一日の過ごし方を例にしながら、
体内時計がズレてしまいがちな人に少しでも力になれればと思い、アドバイスを致します。


①朝 7:00
朝起きてすぐに日光を浴びて、体内時計をリセットしましょう!



曇りの日でも雨の日でも関係なく、カーテンを開けて光を浴びることが、体内時計をリセットするための必要事項です。


そして、コップ一杯の水を飲み、睡眠中の失った水分補給と胃腸を活動させ、排泄を促します。


起きて1時間以内に朝食をとることを心掛け、
たんぱく質と脳を働かせる糖質を摂取します。


*オススメ 卵料理(目玉焼き、卵焼き)、フルーツ(
バナナなどの糖質が多い物が良い。)




②8:00~9:00
軽めの運動をしよう!

朝起きてまもないうちは、心拍も遅く、体温も低く、筋肉も固まっている。



その状態で激しい運動は余計に健康を害する。
特に高齢者の場合は、いきなり運動することは危険などでやめましょう。


運動内容はウォーキングや散歩、軽めの筋トレがオススメです。


ウォーキングではリズミカルに呼吸をすることで、
睡眠の質を高めるメラトニンの材料、セラトニンの分泌が高まります。

朝は目覚めよく、夜はぐっすり眠りやすくなります。

お仕事の通勤に少しウォーキングを入れることが出来る場合、
積極的に取り入れていきましょう!


最初は面倒くさいと感じるかも知れませんが、
やってしまえば案外気持ちいいものですよ!


③12:00
お昼の栄養補給。昼食は13:00までに食べ終える。



お勤め先によっては食事時間が13:00までに食べ終えることが出来ない方もいると思います。

出来る方は13:00までに。


そして、出来ない方は出来るだけ毎日、
同じ決まった時間に食べるようにしましょう!

そうすると体内時計でご飯の時間を覚えて、
脂肪もつきにくくなります!



④13:00




昼寝をしよう!

昼寝は15分程度。
寝過ぎてもダメです。30分以内にしましょう!

昼食後、14:
00頃に急に睡魔に襲われてしまうことはないでしょうか?


これはご飯を食べたからということよりも、
時計遺伝子にあらかじめプログラムされていて、14:00頃になると体温が少し下がりリラックスした状態になるからです。


可能であれば無理せず昼寝をしましょう!
そっちの方が仕事の効率も結果的に良いですよ。


⑤14:00~17:00

頭を目一杯使う!


昼寝もして、
そして午前中でしっかり頭を使う準備ができているので、いつもぼーっとしている方も頭がさえることでしょう。

普段は脳みそ停止状態で、
している作業もどうすればもっと良くなるかなど、どういったことでも頭を使うようにしましょう!

⑥18:00
筋トレや少し負荷がある運動をしよう!



この時間帯になると交感神経もピークになり、昼食でとった栄養素も全身に行き渡っています。



筋トレやジョギングなどといった、少し身体に負荷がかかることをし、基礎体力を上げるにはもってこいの時間帯です!
 
⑦20:00

夕食は20:00までに食べ終わろう!

19:00を過ぎると副交感神経が高まり、味覚が良くなり、
美味しさをより感じることが出来ます。

しかし、社会人にとってはなかなか難しい時間帯です。

就寝時間から、逆算して3時間前までに夕食を終えて、
胃の中に食べ物が入った状態で眠りが浅くならないようにしましょう。


⑧23:00

睡眠は7時間前後の人が1番長寿!


睡眠中は睡眠の質を上げるメラトニン、そして身体を回復させる、
成長ホルモンが分泌されます。


十分に分泌させるには、
一般的に7時間前後の睡眠が最も良いとされています。




体内時計を整えるのは健康になれる行動の第一歩です!

日々の家事や身の回りのことに追われていて、
健康を保てなくなると本末転倒です。

是非、ご自身のお身体を大切にし、あなたは自分の好きなことに目一杯時間を使って下さい。
人に頼っても良い家事は全てヘルシスルに丸投げして下さいね(^-^)

健康になれる睡眠方法。質の良い睡眠のためにしてはいけない3つのこと。

カテゴリ : 健康



皆さん、こんにちは。
健康になれる家事代行サービスのヘルシスルです。



健康になるためにとても大切な睡眠。


皆さんは1日の中で質の良い睡眠は何時間とれていますか?



睡眠は量より質の方が大切だということは皆さんも聞かれたことがあると思います。



ここで言う質とは眠りの深さのことです。
今日は毎日の何気ない行動が良い睡眠の妨げになっている3つのことをお伝えします。



あなたも睡眠に悩みがあり、この3項目で思い当たることがあれば、しないようにするだけで、ぐっすり眠れるかもしれませんよ(^^)


1. シミ予防のために、日中はずっとサングラスをかけている。


睡眠は光によってコントロールされます。



脳の松果体というところで光を感知し睡眠ホルモンのメラトニンの分泌を止めます。



メラトニンは起きている間の分泌が少ないほど、暗くなって多く分泌されます。



良い睡眠のためには、日中に色の濃いサングラスなどをかけて光を遮断してしまうと夜になってからの睡眠ホルモンの分泌が弱くなります。



なるべく日中は光に当たりましょう(^^)



2.湯上がりにアイスや冷えた炭酸水の飲む。



お風呂から上がって、アイスや冷えた炭酸水を飲むのは最高ですよね。


しかし、極度に冷たいものは身体を緊張させ、
眠りを浅くすることに繋がります。


また炭酸水は疲労回復などには良いと最近流行していますが、
炭酸が胃への刺激となるので、睡眠直前に飲むのは控えた方が良いでしょう。






3.一日の最後にスマホチェックをする。

FacebookやインスタなどのSNSが流行している今、
友達の投稿に「いいね」するのが習慣化しています。

そして友達と寝る直前までラインでやりとりをしているかたも多く
いてると思います。

スマホのからでるブルーライトは脳から睡眠ホルモンのメラトニン
の分泌を抑えるため眠りが浅くなります。

そして、
SNSなどインターネットでの情報収集は脳を活発にするので、こちらも寝る直前には控えた方が良いでしょう。

本日は良い睡眠をするためにしてはいけない3つの事項でしたが、
この他にもありますので、またコツコツと更新していきます。



………………………………………………………………………
健康になれる家事代行サービス 
ヘルシスル
登録料¥20,000-無料キャンペーン中!!

健康に欠かせないスーパーフード納豆!納豆は菌で選ぶべし!納豆が苦手な人でもこれを知れば食べたくなる?!

カテゴリ : 健康
皆さん、こんにちは。
健康になれる家事代行サービスのヘルシスルです。



健康になれるものと言えば、健康食。



健康食の代表的なものと言えば納豆ですね!



納豆が苦手な人でもこれを知れば食べたくなるかも知れません(^^)




納豆は菌で選ぶべし!


ここ最近特に女性が目を向けているのは腸内活動!

略して『腸活』。

その腸活に欠かせないのが発酵食品です。

日本の代表的な発酵食品と言えば納豆。

今は本当に沢山のメーカーや種類がある納豆ですが、
実は納豆菌の種類によって働きが違います。
 

約2000種類の菌があり、
その沢山の種類がある中で今日は今話題の『S-903菌』の効果を紹介します(^^)






S-903


免疫力を高める。


花粉症患者を対象に1日1パックのS-903納豆を食べてもらい、花粉症が、和らいだという結果が出ました。


どういったメカニズムで納豆が花粉症に効果を発揮しているのかを簡単に説明すると。。

腸には細菌やウイルスといった有害物質の侵入を防ぐ免疫細胞が身体全体の約65%に存在していて、S-903納豆菌がそれらの免疫細胞を活性化する役割があるためです


それ以外にも納豆の原料の大豆には積極的に摂りたい健康成分が豊富です。



植物性たんぱく質…

動物性たんぱく質と比較してカロリーが抑えられるので量をしっかり食べることができ、ダイエットに向いている。



食物繊維…

人間の消化酵素では分解することが出来ない成分。
便通を良くしたり、最近では病気の予防などにも効果がある栄養素として認められている。



カルシウム…

ミネラルの一種で骨や歯の成分になる。
神経細胞で情報の伝達をし、筋肉の収縮に関与する。



大豆イソフラボン…

植物エストロゲンのひとつといわれ、化学構造が女性ホルモンに似ているため、更年期障害の軽減などに有用と言われている。


大豆サポニン…

血中の脂肪やコレステロールに抗酸化作用があるため、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの予防に役立つ。


これらを含んだ、とても栄養価の高いスーパーフード納豆。


健康になれる家事代行サービスのヘルシスルでは、食べれる方には積極的に納豆を食べることをオススメしています。


納豆を使った、ヘルシスルメニューはまた違う機会に紹介します!(^^)!
1 2 次へ